yuriisuギャラリーユリイス

新しい発見のお手伝いを。

和歌山県田辺市にもある銀座通り。

ぽぽら銀座の前の道を扇ヶ浜方面に徒歩30秒。そんな人目につかない裏通りに「ギャラリー・ユリイス」はあります。

ギャラリーの内装はできるだけシンプルに、境目をぼかした白壁と個性を際立たせる黒壁、どこかアルプスの山小屋を思わせる板壁でしつらえました。天井にはロッキングチェアをイメージした緩いカーブのたれ壁があり、光や音を柔らかに反射します。

ギャラリーユリイスでの展示は、展示していただく方とオーナー・boboが一緒に空間をつくり上げる、二人三脚の展示を目指しています。 あーしよう、こうしようと試行錯誤を楽しみながら、一緒に展示会をつくり上げていきましょう。 あなたの希望を聞かせてください。

この場所で起こる出会いや体験が普段の生活の中でちょっとしたアクセントになり、日々の暮らしに少しワクワクをプラスする。そんな場所になれたらと思っています。

About useご利用について

設備について
  • プロジェクター
  • AppleTV
  • 大テーブル
  • スツール
  • 展示用什器
  • ピクチャーレール
  • 照明用ダクトレール
  • 黒板パネル
  • レールブラケット
  • レーザーカッター
  • ボール盤
  • コンタマシン
  • シルクスクリーン
  • など
ご利用料金について
1時間 1.500円
1日 7,000円〜
営業時間について

10:00~18:00(時間外のご利用をご希望の場合はご相談ください。)

voiceご利用頂いた方のお声

  • Angstrom Art様 2021-05

    Bonsoir 東京から田辺市に移住して、ここで個展を開ける場所を探し始めました。「ユリイス」という名前を聞いたので検索してホームページから問い合わせしてみました。 絵画のみの展示を考えていましたが、初めてギャラリーに行った時に、民芸の個展が開催中でした。場所は明るくて、オーナーの中山さんは丁寧にお話しして頂きました。ユリイスにしたいと、自然と思いました。ユリイスにしてよかったと思う理由はたくさんあります。 ギャラリー自体は、個展または二人展にちょうどいい広さだと思いますが、ギャラリー内(テーブルや棚、柱など)の調整で使い方が想像次第です。手作り商品や服の展示と販売という個展もありました。自分が絵画の展示や販売を希望していましたが、中山さんと話しながら少しずつ企画できました。初めてギャラリーを見た時に、雰囲気がお店に似ていましたが、今回はミニ美術館になったかのように、順路もあってお客さんがゆっくり絵を見て頂くことができました。 開催まで何回も相談できる中山さんからいろいろ提案も頂きました。最後に自分が忙しくなってしまった時に、準備も期待した以上に手伝って頂きました。個展の告知は、新聞やSNSなどで、丁寧に広くお知らせして頂きました。東京で個展を開いていた時に、ギャラリーを借りてすべてを一人で進める形でしたが、今回はオーナーさんと一緒に開催するのが初めてでした。開催中もお客さんとお話しして、販売のやり取りもしながら、中山さんが一緒にいてすごく助かりました。 はじめて個展を開く方にも、ベテランの方にも、ギャラリーユリイスをおすすめします! よろしくお願いします。 Angstrom Art    安藤マリアンヌ

    VIEW MORE
  • ニワカヤマ工場様 スタジオ アユンク様 2021-01

    『製作をなさってて、どこかで展示の機会を探していらっしゃる方へ 以下の理由により、私はギャラリーユリイスでの展示をおすすめします。 −ユリイスは窓が広くて、外の光がふんだんに射し込み、明るくてよい雰囲気です。 −展示に必要な什器や設備がそろっていますし、お客様用の御手洗いも広くてとても快適です。 −ギャラリー主のぼぼさんは穏やかな人です。出会った最初からあっさりとしていて、けれどしっかりと協力的です』 ニワカヤマ工場 澤口隼人   ギャラリー ユリイスさんにて一年ぶりに二度目の展示会、 前回と大きく違うのは、やはりコロナ禍での開催ということでした。 除菌装置を設置したり、こまめな換気に気を配ったり・・できるだけ安心して過ごしていただけるようにと、感染予防に努めて下さった事がとてもありがたかったです。 そして、新聞への広告掲載というのも、今回新しく大きな一歩だったのではないでしょうか。 新聞に広告を打つとは、、なかなか思い切りのいることだと思いますが、 そのboboさんの心意気を感じ、こちらもがんばろうというモチベーションに繋がりました。 案内状の制作や事前告知、会期中のSNSでの情報発信などの広報が実り、 いろんな所から幅広い層のお客さまにお越しいただけた事に感謝しています。 また展示に関しては、「白い壁面にショールを掛けたい」と相談したら、 「こんなんありますよ」と言って自作の柱什器を取り付けてくれたり、 布パネルを提案してくれたり、細やかで柔軟な応対で空間づくりを支えてくださりました。 ささいな会話の端々に、温和な包容力とともにある「作品を見てもらいたい」「作品をより引き立てたい」 というboboさんのアツい想いを感じています。 これからも、ともに回を重ねていけたら幸いです。 ありがとうございました! スタジオ アユンク 菅野あゆみ

    VIEW MORE
  • S-naru様 2020-12

    殆ど知らない町へ遠征しての展示は、不安だらけでした。
    会場をユリイスさんに決めたとき「僕も(一緒に)がんばります」と言って下さったことが嬉しくて。
    言葉通り、準備段階から展示中もどんな展示がいいかどうすればお客様に知ってもらえるか、ずっと考えて色々な提案をしてくださいました。
    だから側に居るだけでどんどん安心していき、初日には『もう1日で終わっていいかな~』なんて後ろ向きな私が、最終日はさみしい気持でいっぱいになっていました。
    ものを作るということは己と向き合うことで孤独な作業ですが、それを発信する時は受け手に伝わらなければただの自己満足です。繋ぎ手、配り手が居てくれてこそです。
    足を運んでくださった方々、食やものの多方面の作り手さんやそこに関わる方々とお会いしお話しできたのは、中山さんが繋いでくださったおかげです。
    一日の帰り道、外から大きな窓越しに見るユリイスの灯りは、気持ちをぽっとあたためてくれました。
    見えないすてきがいっぱい詰まったギャラリーでした。またクリスマスの頃に展示ができたらいいな。
    目標ができました。このご縁しっかり掴んでおきます。

    感謝を込めて
    坂本 成子
    S-naru インスタグラム

    VIEW MORE
  • tanomeri art work様 2020-10

    初めてギャラリーに絵を飾ると言う事、グッズを置くのも今まで以上に見てくれる方々の事を思って中山さんと何度も打ち合わせをして、 絵の配置、レイアウトを考えました。
    絵に合うオリジナルの額が欲しい、元々展示スペースではない所へ飾りたい、などわがままにも対応してくれました。
    作家さんを全力でサポートしたい、一緒に作り上げていきたいと言っていた中山さんの言葉。
    個展準備中、期間中もしっかり感じることができました。
    私にできない所を支えて頂きました。ギャラリーユリイスさんでの五日間の個展。
    ステキな空間に私の絵を展示出来た事がとても嬉しい。
    たくさんの方々にも絵を見て頂きました。
    また来年も・・・。
    10周年の個展がユリイスさんでよかったです!

    感謝をこめて
    tanomeri art work ワダ

    VIEW MORE
  • tomorka様 2019-10 

    個展をさせていただき一番強く残っているのは、単にギャラリースペースをお借りしたのではなく、”共に展示会をさせていただいた”という事です。 つくり手自身の事やものづくりへの思いを知っていただいた上でどのような展示をするのか、最後まで一緒に試行錯誤しながら進ませていただきました。 オーナーの中山さんとつくり手自身がそれぞれの視点で同じものを見ながらつくった展示は、初めてご覧いただいたお客様にとっても自分達にとっても、常に新鮮だったように思います。 ゆるやかな空間と静かな熱狂。 いい時間をいただきありがとうございました。

    VIEW MORE

お問い合わせContact

お気軽にお問い合わせください。

 0739-33-9609 CONTACT US